相武電鉄資料館

企業として相武電鉄

 相武電気鉄道株式会社がどのような会社であったか、鉄道省文書を中心に概要を紹介します。

法人名及び設立時期

法人名
相武電気鉄道株式会社

発足日
大正15年8月21日

本社・出張所及び期成会創設事務所

本社
大正15年 8月:
東京市麹町区有楽町1丁目1号 三菱二十一号館 [ exp ]
電話 大手[長]5190番 ⇒ 丸ノ内(23)2628番
昭和 4年 1月:
東京市京橋区弓町8番地 IQビルディング
昭和 4年 3月:
東京市芝区桜田本郷町6番地 トバビルディング
電話 銀座2347番
昭和 6年 4月:
東京市世田谷区代田1丁目768番地(仮事務所)[ exp ]

出張所
神奈川県高座郡上溝町上溝
電話 上溝61番

創立期成会
上溝事務所:
神奈川県高座郡上溝町
久所事務所:
神奈川県高座郡田名村久所

営業種目

内容
  • 地方鉄道法に基づく電気鉄道の敷設及び、一般旅客貨物の運輸業
  • 電灯用電力の供給
  • 砂利の採取及び販売
  • 鉄道路線沿線における土地の賃借売買、家屋の建築、賃借売買

株式発行数

募集回数 株主数 株数
第 1回
大正15年11月
22名 8,800株
第 3回
昭和 2年11月
13名 2,255株
第 4回
昭和 3年 5月
1名 500株
第 5回
昭和 3年11月
2名 800株
第 6回
昭和 4年 5月
4名 4,120株
第 7回
昭和 4年11月
42名 3,230株
第16回
昭和 4年11月
45名 1,150株

上の表のように株券が発行されていたようですが、この合計が全てではなく、途中で株式購入金未払いによる権利の失効などがあったようです。

社紋

図表:相武電鉄の社紋

 外側は“相”の文字を中心に“武”の文字を図式化したものを配置し、その間に電気を示す『雷』を配しています。

トップに戻る